朝日川および支流での渓流釣り

 渓流釣りをされる方には結構知られている「朝日川」。大朝日岳をその水源とし、朝日連峰の水脈として、美しい流れが最上川まで続いています。毎年たくさんの太公望が尺イワナを求めて全国から訪れます。もう何十年も毎年来ている常連さんもいらっしゃいます。


2021年度情報

10月1日より禁漁期間に入っています。

 

【9.16 晴れ】

2021年度の釣りもあと残すところ半月となりました。最後の釣りを楽しむためにか、最近は入渓者は多いようです。水量は一年でも一番といってよいほど少ない状態です。とはいえ、いつ何が起こるかわかりませんので、安全、慎重な行動を心がけましょう。

 

【7.23 晴れ】

梅雨明け後、気温が高い日が続いています。水量は減り、落ち着いています。アブ(イヨシロオビアブ)はまだ出ていませんが、もう間もなく出始めるでしょう。このところ、毎日午後になると雷鳴とともに、雷雨や夕立になる日が多くなっています。急な大雨により河川の増水に十分注意しましょう。

 

【6.30晴れ】

気温が高い日が続いています。6月前半から続いていた雪代による増水はほぼ収まりました。水量はグッと少なくなっています。ただ、梅雨の真っただ中ですので、雨が降った場合には増水があります。また、今年は夏によくある夕立が多く、午後になると気温の上昇とともに雲が沸き上がり、雷雨となることがあります。急な雷雨による河川の増水には十分注意しましょう。



【朝日鉱泉を愛する人】として、常連の釣りのお客さんの話をブログにて掲載中!ぜひご一読ください。


※朝日川での渓流釣りに関する詳しい情報は朝日川を管轄する【最上

 川第一漁協】のHPにも掲載していますので、併せてご覧ください。

 最上川第一漁協ホームページ


朝日鉱泉宿泊者の釣果(尺イワナ魚拓)

朝日鉱泉に宿泊して釣りをされた方で尺モノを釣り上げた方には、魚拓をとって、食堂に飾らせていただいております。

 宿泊していただいた方には、こちらで持っております情報はお伝えすることができると思います。

朝日川渓流釣りでの35cmの大イワナ
2016年に釣り上げられた、ここ20年で一番のビックサイズ、36㎝のイワナ!
朝日川での渓流釣り釣果。尺イワナ
32cmの良サイズ。

※朝日鉱泉では日釣りの入漁証(¥1,000)も販売しております。