朝日川および支流での渓流釣り

 渓流釣りをされる方には結構知られている「朝日川」。大朝日岳をその水源とし、朝日連峰の水脈として、美しい流れが最上川まで続いています。毎年たくさんの太公望が尺イワナを求めて全国から訪れます。もう何十年も毎年来ている常連さんもいらっしゃいます。


新着情報!

【2018.8.3 天気 晴れ 気温30℃】

 ひたすら暑い日が続いています。夕立も含め、本当に全く雨が降っていません。川の水量はこれまでに無いほど少なくなっています。この時期ならではの厄介者であるアブ(イヨシロオビアブ)が出ていますので、川での釣りや遊びはお勧めしません。例年お盆まではアブが出ています。今年はいつもより早く出始めたため、もしかしたら早くいなくなるかもしれませんが、自然のことですのでなんとも言えません。フライの人には条件は良いようですが、アブとの戦いに気がめいってしまうかもしれません。8月下旬まで待つのが確実です。

 

【朝日鉱泉を愛する人】として、常連の釣りのお客さんの話をブログにて掲載中!ぜひご一読ください。

2018.5.26 2016年以来の36cm超大物あがりました!!

▲この筆入れの瞬間がたまらない!
▲この筆入れの瞬間がたまらない!
▲魚拓も迫力満点!主の風格です!
▲魚拓も迫力満点!主の風格です!

▲大きすぎて皿に全然収まりません。
▲大きすぎて皿に全然収まりません。

 シーズンしょっぱなから超大物の36cmオーバーのイワナがあがりました!30年以上もうちに通い続けていただいている超常連さんです。いつも結構釣っているのに「全然ダメだ」と言うのが口癖のようだったのですが、今日はニヤリと微笑み「まぁまぁのがあがったな」。いつもとは違う反応に「これは大きいのが出たのかな」と思っていると、まさかの35cmを越え36cm!!

 夕食に塩焼きにしましたが、大きすぎて焼き網や皿から余裕ではみ出し、焼くのに苦労しました(笑)。今夜の酒はさぞ美味しかったことでしょう。


※朝日川での渓流釣りに関する詳しい情報は朝日川を管轄する【最上

 川第一漁協】のHPにも掲載していますので、併せてご覧ください。

 最上川第一漁協ホームページ


朝日鉱泉宿泊者の釣果(尺イワナ魚拓)

朝日鉱泉に宿泊して釣りをされた方で尺モノを釣り上げた方には、魚拓をとって、食堂に飾らせていただいております。

 宿泊していただいた方には、こちらで持っております情報はお伝えすることができると思います。

朝日川渓流釣りでの35cmの大イワナ
2016年に釣り上げられた、ここ20年で一番のビックサイズ、36㎝のイワナ!
朝日川での渓流釣り釣果。尺イワナ
32cmの良サイズ。

※朝日鉱泉では日釣りの入漁証(¥1,000)も販売しております。