朝日鉱泉までの道路状況

6.5現在の情報

冬季閉鎖が全面解除となり、どのルートからの道も通れるようになりました。

 

 【重要!!】

「のぞくら橋の損傷による車両の通行規制」について(2022年度も継続)

朝日鉱泉手前600m地点ののぞくら橋の橋脚部分に損傷が見つかり、当分の間、安全のためこの地点までしか車両は進入できません。橋の手前には10台程度駐車スペースがあります。駐車の際には道路に対して垂直に詰めて停めてください。路肩(川側)の方へできるだけ奥まで車を入れて停めてもらうと手前の道路側が広がり、車がUターンしやすくなりますので、ご協力をお願いします。そこがいっぱいの場合には少し戻り、車道沿いの端に寄せて駐車することになります。橋から朝日鉱泉までは林道を徒歩10分(近道、道標あり※頭殿山へ登る方は近道を使わず林道沿いに歩くと登山口を通ります。近道分岐に道標あり)です。解除の目処は立っていません。

▲損傷が見つかった「のぞくら橋」写真のゲート前は駐車禁止です。
▲損傷が見つかった「のぞくら橋」写真のゲート前は駐車禁止です。
▲橋(左奥)の右手前に駐車スペースあり。道路に対して垂直に詰めて停めてください。よりたくさんの車が停められます。
▲橋(左奥)の右手前に駐車スペースあり。道路に対して垂直に詰めて停めてください。よりたくさんの車が停められます。


 重要!!

【留意事項】

朝日町方面から県道289号白滝宮宿線で入る道路では、朝日鉱泉手前14km(冬季閉鎖ゲート設置地点、「立木」最終集落)から朝日鉱泉側は朝日鉱泉も含め携帯電話の電波が入りません。朝日鉱泉手前7km以降は簡易舗装および未舗装の林道区間となり、道路整備は入っているものの悪路となりますので運転には十分ご注意ください。

 

お願い】

朝日鉱泉登山口には、一般登山者用駐車場(10台程度)と朝日鉱泉利用者(宿泊、昼食・入浴利用など)駐車場があります。夏季は駐車場が込み合いますので、朝日鉱泉利用以外の方は必ず一般駐車場へ駐車をお願いします。登山口は朝日鉱泉前にあります。