山の状況等の最新情報

朝日連峰、特に朝日鉱泉登山口側の山情報をお知らせします。あくまでも朝日鉱泉が把握している情報ですのでご了承ください。


◆朝日連峰・朝日鉱泉の今…

【2021.10.25 晴 8

 先週から降っている雪は標高1000m付近まであるようです。いつもはすぐに消える初雪も、続いている低温や悪天候で、むしろ増えている状況です。この先も天気の良くない日が続く予報です。風も強く真冬の防寒対策も必要です。今シーズンも残りわずかですが、天気をよく見極めて登山しましょう。朝日鉱泉登山口から登山道上にかかる吊り橋の中板の撤去が10/31(日)午前中に行われます。春の連休までは中板のない状態です。型枠のみ残っています。

 朝日連峰上の各避難小屋はすべて管理人はいません。通年で利用は可能です。今年は朝日鉱泉周辺の紅葉があまり良くなく、まだまだ緑が多いような気がしますが、朝日鉱泉の営業もあと1週間程度となります。

 

◆最新の情報

2021.10.25更新

●10/31に朝日鉱泉からの登山道上にかかるすべての吊り橋 の中板が撤去されます。撤去後は型枠のみとなります。

 

●大朝日岳直登の「中ツル尾根ルート」は朝日鉱泉~2合目の「二俣・出合い」までは沢や川沿いを歩くルートです。急な大雨時には増水により渡渉できない沢もありますので、事前に天候等を確認する必要があります。また、登山道も細く、ロープを使って沢に下りなければならない箇所もあり気が抜けないルートですので、ルート設定時には十分考慮しましょう。距離が短く時間は少なくて済みますが、その分体力と経験が必要な上級者向けルートです。

  

●朝日連峰上の各避難小屋は利用は可能です。

 

 

●以東岳の避難小屋が新築され2017.10.1より利用可能となりました。1Fにはバイオトイレも設置され、非常に快適に利用できます。

 

◆継続の情報

●避難小屋の管理協力費は¥1500/人です。