「山形県環境保全活動支援事業(山形県民CO2削減価値創出事業)」

 

 

【ブナの森をの目 の目 の目」

で体験し、自然との共生を考えよう】

磐梯朝日国立公園朝日地区である朝日鉱泉は朝日連峰の麓、大朝日岳への登山口であると同時に、日本一とも言われるブナの原生林が広がる地域で、林野庁の森林生態系保全地域に指定されています。そんな、雄大なブナの森を、様々な手法を使って体験しましょう。様々な角度、視野、手法で体験することで、自然と人とのかかわり方についてわかってくることがあると思います。贅沢な講師陣をお迎えし、内容盛り沢山でお届けします。日帰り、宿泊どちらでも参加可能ですので、ぜひご参加ください。

 

●講師紹介

【姉崎一馬】

自然写真家 

主に植物、特に樹木や森林を中心に撮影している。子どもから大人までわかりやすくをモットーに本づくりをしている。環境問題を取材するために全国各地に出かけ、航空機による空からの撮影の経験で、地上からでは気づかない自然破壊や素晴らしい自然環境を伝える手段だと気づき、現在はドローンによる森林、樹木、海岸、湿地などの撮影に邁進している。主な著書に「はるにれ」「日本の森百科」「雑木林」「ブナの森」「森はオペラ」「葉っぱじゃないよ ぼくがいる」など。近著に姉崎エミリーとの共著で「くりばやし」「きほんの木 花がきれい」「きほんの木 大きくなる」がある。

 

【岡坂恭博】

写真家 イラストレーター

日本ナチュラリスト協会カモシカ調査グループ代表

1980年から朝日連峰に魅せられ、毎年数か月、山に入って写真を撮りながら、カモシカの生態調査をしている。

写真展を東京・名古屋にて開催、写真絵葉書「ブナの森から」、書籍「朝日連峰鳥獣戯談」イラストなどがある。

 

 

【西澤新地】

朝日鉱泉ナチュラリストの家二代目

森林体験木のぼりクラブ代表

ツリーイングインストラクター

朝日鉱泉で生まれ育ち、十数年前より朝日鉱泉の仕事に入る。ふとしたきっかけで体験したツリーイングに魅せられ、仲間たちと山形・宮城を中心に樹上の世界を案内している 。

 

内容

 【ドローン 】

ブナ林の分布する地形の特徴、標高とブナ林、ブナの森の樹間の様子や、ブナの森で生活するニホンカモシカの姿を探しましょう。

【ツリーイング】 

木の上からブナの地衣類の様子、大木上部の枝のはりかたの様子、今年のブナの実のつき方を学びましょう。

【ネイチャーゲーム 】

地上に落ちた昨年のブナの実の定着の様子、幼生の木の様子を、 ブナの倒木に生えるキノコを、その他の小さな植物を虫眼鏡で観察しましょう。

 

ブナ林で採取した、キノコを使ってピザを調理します。味覚でも秋を堪能しましょう!

 

日時:2019年11月2日(土)~3日(日) 各日日帰り、および1泊2日

場所:磐梯朝日国立公園朝日地区朝日鉱泉付近

集合:11/2 13:00…朝日鉱泉

解散:11/3 16:00頃…朝日鉱泉

宿泊:朝日鉱泉ナチュラリストの家

   ※数名での相部屋となります

定員:20名 ※定員になり次第締め切ります

参加費:無料

    ※宿泊を希望の場合には宿泊費(1泊2食付)¥8,000(+税)

服装:野外での活動に適した服装

  (11月の朝日鉱泉は日中でも15度前後で寒いです。防寒着必要)

   宿泊の方は宿泊に必要なもの

問合せ/申込み

山形県シェアリングネイチャー協会 事務局 有川富二子

  ✉1004rin@gmail.com   電話 090 7568 8027

※注意!

申込先は朝日鉱泉ではありません。上記有川さんまでお願いします。


ダウンロード
【ブナの森を「鳥の目 猿の目 虫の目」で体験し自然との共生を考えよう】チラシ
イベントに関するチラシがダウンロードできます。
1102_torisarumusi.pdf
PDFファイル 447.9 KB