のカモシカ調査開催」

参加者募集のお知らせ

開催期間4/28(土)~5/6(日)

みなさんご存知でしたか?実は毎年、春と秋の2回、朝日鉱泉をベースとした日本ナチュラリスト協会カモシカ調査グループによるカモシカの生態調査がかれこれ30年以上行われてきました。詳細な調査による個体識別を行ない、つがいや家族構成、縄張りや食性、移動経路、休憩場所などの生態が次々に明らかになりました。その方法はいたってシンプル、人海戦術による各定点観察や、移動しながらの観察での発見、追跡での調査です。現在では、その人数は少なくなったものの、カモシカ愛好家の面々が、残雪期の一番美しいと言っても過言ではないブナの森を駆け回り、カモシカを発見・調査しています。

 今回は、長年このグループの代表として、また繊細な動植物のイラストレーター・写真家として書籍への提供や写真展を開催している岡坂恭博氏に同行して春のカモシカ調査に参加することができます。

 この時期は刻一刻と山の様子が冬から春へと変化し、青空のもと、芽吹きの森と残雪のコントラストが本当に素晴らしい時期です。残雪の森は自由に雪の上を歩くこともでき、カモシカが見られなくても、ブナの森の散策だけでも十分楽しめます。

 GWをカモシカとブナの森に癒されに来てみてください!

 

行事名:春のカモシカ調査

    ~芽吹きのブナの森とカモシカたち~         

日時:平成30年4月28日(土)~5月6日(日)

   ※開催期間中であれば好きな日程で参加可能

場所:磐梯朝日国立公園朝日地区 

     山形県西村山郡朝日町朝日鉱泉付近

集合解散:朝日鉱泉ナチュラリストの家

宿泊:朝日鉱泉ナチュラリストの家

案内人:岡坂恭博氏および日本カモシカ調査グループの皆さん

募集人数:5名程度

参加費:1泊あたりの素泊まり料金(¥4,860)×宿泊日数分

     ※食事付希望の方はご相談下さい。

持ち物:野外活動・観察に必要なもの、防寒着(朝晩は冷えます)、

    食料(自炊の方)、行動食 、その他必要と思われるもの

確認事項:

・期間中は除雪中につき朝日鉱泉までの道路は閉鎖されています。

 朝日鉱泉手前14km程度林道を歩いて入ることになります。

申込み・問合せ

 ℡…朝日鉱泉ナチュラリストの家 0237-67-3589(自宅)

 e-mail…nishizawa@asahikosen.com