【大朝日岳山頂避難小屋】

 朝日連峰最高峰の大朝日岳山頂(1870m)より15分ほど北へ下った鞍部にあります。その名の通り、大朝日岳山頂部の避難小屋ですので、利用者も朝日連峰の中ではダントツに多く、夏季~秋季の週末は非常に混み合います。眺望は抜群です。現在の管理人の阿部さんは大変気さくな方で、忙しくなければ登山の情報を教えていただけます。夏前から晩秋まで長期間滞在して、登山者の安全と避難小屋の管理をしてくれています。

◆参考情報

利用時期

通年利用可能
利用料 登管理協力費 ¥1500/人
トイレ
宿泊人数 約100人
食事
寝具
水場

・銀玉水…避難小屋から片道約40分ほど小朝日岳方面

     へいった登山道わきにある(道標あり)。

     朝日連峰で一番美味とされる水。6月下旬く

     らいまでは雪に埋もれ利用できない場合が多

     い。出ている時は必ず汲むべし!

・金玉水…避難小屋の裏から西朝日岳・以東岳方面への

     縦走路を10分ほど行ったところにある水場。

     残雪が多く、場合によっては8月まで利用で

     きないこともある。


TADA-Counter