朝日連峰の各避難小屋情報

 朝日連峰の登山口および山頂部や尾根上には、営業山小屋や避難小屋などいくつかの宿泊可能な施設が点在します。特徴的なのは、山頂部や尾根上にある小屋はすべて避難小屋で、営業小屋とは違い、食糧、寝具、季節によっては水もすべて持参しなければなりません。また、管理人も常駐ではなく、不在の場合も多々ありますが、避難小屋ですので、通年で利用は可能です。

 ただ、朝日連峰の避難小屋はどの小屋も、手入れも行き届き、営業小屋と変わらないくらい快適に過ごすことができ、大変評判が高いです。マナーやルールを守り、利用時には利用料をしっかり収め、気持ちよく快適な登山を楽しみましょう。

TADA-Counter