朝日連峰登山情報

 朝日鉱泉からの登山は、主峰大朝日岳1870mへのルートが3つ、他にも近年密かに人気の頭殿山(とうどのさん)1203mや葉山1264m(さらに奥には祝瓶山1417m)への登山が可能です。

 ここでは、山の最新情報やコースの紹介をしています。あくまでも朝日鉱泉が仕入れた独自の情報やおススメしているコースですのでご了承ください。

 

まずはこちらをチェック!

Ⅰ:大朝日岳への登山ルート

朝日鉱泉を中心として(①鳥原山コース、②中ツルコース、③御影森山コース)の3つのコースがあります。どのコースにも長所短所があります。自分の体力・技術・スケジュールに合わせて計画を立てましょう。どのコースもそれぞれ魅力ある素晴らしいコースです。

Ⅱ:朝日連峰縦走路

南北60km、東西30kmにまたがる壮大な朝日連峰。その魅力を一番味わうことができるのが朝日連峰の縦走かもしれません。朝日鉱泉からは、いくつかある縦走路の中でももっともメジャーで縦走者の多い、朝日鉱泉~大鳥池までの大縦走が堪能できます。

 最高峰大朝日岳はもちろんのこと、景色がすばらしい西朝日岳、200名山に数えられる以東岳、といくつものピークを経由し、夏にはお花畑が一面に広がり、秋には紅葉に染まる最高の稜線歩きを楽しむことができるでしょう。

 夏の間は朝日鉱泉側登山口および大鳥池側登山口に登山バスも運行しており、絶好の縦走期間でもあります。ぜひ体験してみてください!

 別項の縦走路ページでは、下記の稜線上の避難小屋間ごとに登山道情報を掲載しています。

  1. 大朝日岳避難小屋~竜門小屋
  2. 竜門小屋~狐穴小屋
  3. 狐穴小屋~以東岳山頂
  4. 以東岳山頂~オツボ峰~大鳥池タキタロウ小屋
  5. 以東岳山頂~直登~大鳥池タキタロウ小屋

Ⅲ:頭殿山(とうどのさん)への登山ルート

準備中

TADA-Counter